トップ / 医師がうつに陥りやすい理由

医師がうつに陥りやすい理由

研修医にうつが多い

医師をうつから救うためには

現代において、うつ病になる人は5人に一人といわれています。性格的にはまじめで優等生タイプの人がなりやすいようです。職業の中でなりやすい業種が医師です。人の命を預かる大変ストレスの掛かる責任の重い仕事です。そして、長時間の重労働勤務に値するので、精神疾患には大変罹りやすい環境に身を置いています。「医者の不養生」という言葉がありますが、患者のことが第一優先で自分のことは後回しになりがちです。また、医師は日々患者の個人情報をたくさん取り扱っており、その秘密を保護する必要があり、話せないことがたくさんあるということも多いようです。また、医師の中でも研修医にうつが多いようです。それは、国家試験の知識が全くが現場で役に立たない焦りや不安、また一日の勤務時間の長さなどにあるようです。また、研修医は診療科がころころ変わることも大きなストレスになるようです。そして、その悩みを話せないということも問題です。医師を助けるセーフティネットの構築が求められています。

お給料

うつ病が医者に多い理由とは

お給料はいいとはいえ、かなりハードな仕事ですから、医師は自分自身がうつになるということも多い職業です。ですから、ただ仕事熱心というだけでなく、どんな風に気持ちを切り替えていくか、具体的にその方法をもっていることが大切です。医者自身が病気では患者は診ることができませんから、ストレスをため込まない自分なりの方法を持っているというのも大事な要件と考えるべきでしょう。うつになる医師はやはりまじめで仕事一辺倒の人が多いようです。先輩などはそういうことにも知識があると思いますから、相談して話を聞いてみたらいいかと思うかと思いますが、医師という多くの人が長じ時間労働で、同じような悩みを抱えている中で、自分がいろいろな悩みを抱えていることを言えないのが現状のようです。また、研修医は特にうつになる割合が高いと言われています。そこで、その長時間労働の緩和が新臨床制度導入でされたにも関わらず、実労働時間はあまり変わらないと言われています。患者を支えるのは医者で、じゃあ医者を支えられるのは誰なのかという問題があります。医者を助ける構造を社会全体で作っていく必要があるのではないでしょうか。

↑PAGE TOP