トップ / 病院を開業するための手順

病院を開業するための手順

病院を開業する流れ

病院を開業する時に流れとは

病院を開業しようとする理由は人それぞれだと思いますが、みんな病院を開業するにあたり、一から始めようというときには、必ず同じ手順を踏んでいくことになります。大切なのはコンセプト、方針を決めることです。医療機器、製薬会社などの取引関係も、しっかりとした方針に合うものを選定してくことになります。いい加減なものですと、途中でころころと変わることになります。そうならないよう、自身の意志に則した流れで開業をしていくことが大切です。具体的な手順について、しっかりとした指導を受けられる関係機関で、相談されることをお勧めします。新時代の医療、そんなコンセプトも良いでしょう。コンセプトや、方針が決まればいいというのではなく、一番必要なものは資金ではないでしょうか。開業までに必要な資金の総額を算出し、必要とあらば、社会福祉医療事業団や国民生活金融公庫、信用保証協会や銀行などに借りる必要があります。また、その時には同時に、医業収入と医業費用の差額による利益の見込みも算出するようにしましょう。

お給料

病院の開業の手順について

医院を開業するには、いくつか手順があります。まず、どれぐらいの規模のクリニックにして、どのような診療を行うかなどのコンセプトを決めます。次に、診療を行う医院の場所を決めます。医院の場所は、今後の経営に深く影響するため、しっかり競合クリニックの確認や診療圏調査を行う必要があります。そして、金融機関で開業資金の借入をします。借り入れをする場所としては、社会福祉医療事業団や国民生活金融公庫や信用保証協会や銀行などがあります。必要な金額を借り入れることができたら、医院の内装や設計を依頼する事務所と診療に使用する医療機器の選定を行います。消防署や保健所などへの申請・届出業務を済ませます。もっと直前の準備になってきたら、広告をどう出すか、従業員はどうやって集めて、教育や研修を行っていくか、その他の業者の選定も行っていきます。そして、準備が整えば、恩師や医局への挨拶、町内会や婦人会や老人会などにも顔を一度出すと良いでしょう。地域に根ざして、応援してもらえるかかりつけの病院になれれば、いいでしょう。

↑PAGE TOP