トップ / 医師不足への各対応について

医師不足への各対応について

医師不足とその対応

医師不足の対策について

医師不足が問題となっていますが、その職を目指している子どもたちは多くいます。少子化社会と言われ、高齢化が進む国ではありますが高齢の人を見るには若い人たちの力が必要です。先生が不足しているのは、24時間体制での病院の数が増えていることで対応しきれないという面があります。出来ないのに受け入れるよりかは良い判断ではありますが、多くの医師が交代して見ることが出来る環境になることを望ましいです。医師の養成のためにどのような支援がされているのでしょうか。例えば、各公立私立大学では、公的な奨学金の他、大学独自の奨学金制度を導入して医学生の支援を行っています。中には、卒業後、地元の病院で働くことを条件に支援する大学もあり、経済負担の軽減と地方の医師不足を兼ね備えた支援対策をとる大学もあります。また、女性医師が働きやすい職場のための環境整備も求められています。ですが、こちらは思うように進んでいないのが現実のようです。

お給料

地方での医者不足が起こった理由

地方都市などでは医師不足に悩んでいる地域が多くなっています。そういった地域では、医療を必要としている人も非常に多く、やりがいのある仕事をすることが出来るでしょう。そういった地域では、結構条件のよい求人情報も多数取扱われえているので、そういった医師不足の地域の求人に応募したほうが、医者が足りている地域よりも給料が良い場合があります。地方都市でのそういった求人情報はインターネットを利用して探すことも出来るようになっています。そもそも、なぜ地方で医師不足が起こるようになったのかというと、2004年にスタートした新臨床研修制度で、これまで主として出身大学の附属病院で研修を受けていた研修医が、自由に研修先を選べるようになったことにさかのぼります。このため、都市部の病院に集中し、研修後も地元に戻る医師は少なく、地域医療の崩壊に拍車をかけることになったのです。これを受け、臨床研修制度についても、医師不足や地域医療に配慮した特別プログラムの実施や期間短縮を視野に入れた計画を打ち出しています。

↑PAGE TOP