トップ / 医師が退職時にすべきこと

医師が退職時にすべきこと

医師の退職の現状

医師の定年や退職の制度規定

日本の医療を担っている医師は、社会的に見ても地位の高い職種の専門職です。一般的な職種とは異なり、この職業の退職については雇用形態により異なるのが現状です。開業医であれば定年がないために、身体の続く限り医業を行うことが出来ます。雇用されている身分でも定年が定められている場合もあるために、それぞれの組織の規定により制度があります。この職業は、人材不足が深刻な問題となっているために今勤めている病院を辞めて新しい職場に行くこともよくある職業なのです。

お給料

医師が退職することについて

医師は、定年やその他の何らかの事情によって、一定の勤続年数の終了とともに退職することになります。その際は、あくまで患者の状態を最優先にとらえた上で、早めの準備に取り掛かる必要があります。担当する患者については、途中経過などをカルテなどを通じて、詳細部分に至るまで申し送りをおこないます。その他に、後任に伝えなければならない治療方法などのノウハウを、実践を踏まえて引き継ぎます。患者との信頼関係が途絶えることのない対応が求められます。

↑PAGE TOP