トップ

医師の診療時間が短い理由

診療時間が短い医師

診療時間が短い医師について

病院に行くと、長く待たされて診療はすぐ終わるという経験をしたことはありませんか。待つ時間は2時間。診察時間は2分。そんなことはないだろうというようなことですが、かなりの確率でこのような病院が存在します。特に人気のあるところですと、多忙な医師の業務内容を考えると、2分でも長いくらいと云われることあります。これがいいか悪いか、長ければ良いか、という問題でもありますが、その短い診察時間であっても、鋭い医師の一言で解決をすることができれば、問題は無いとされています。短いのが不満なら、別の病院に行けば良い。それが本音部分であり、本当に多くの患者に対して、満足行く診察ができないというのが事実なのでしょう。とは言え、患者側からして満足感を持つのは、自分の不安な思いをしっかり聞いて受けて止めてくれることはないでしょうか。医師からしては、たいしたことではないと思うようなことでも、知識がない患者からしたら、不安で眠れないということもあるでしょう。その時に、知らない人に対して、熱心に丁寧に伝えてくれて、不安な気持ちに寄り添ってくれるような、そんな医者にこそ患者のニーズがあるのではないでしょうか。

お給料

診察時間が短い理由とは

病院で診察を受ける際、診察時間が短いとして不満の声が上がることが多いです。医師の中にもそうした現状を憂えている人は少なくありませんが、現在の保険診療の枠内では限界があり、葛藤に苛まれています。時間に関わらずひとつの医療行為に対して同一のお金がおりるので、診療時間が長すぎるとそれだけ病院側が損失を受けてしまうのです。今後もさらなる制度改正が望まれますが、一方で患者側も短い診察時間で医師に的確に病状を伝える努力が必要とされています。受診前に病状をまとめ、診察時にスムーズに伝えられるようにしましょう。いつからその病状があったか、風邪の症状と一言にいうのではなく、喉が痛い、頭が痛い、吐き気がするなど具体的な症状をちゃんと伝えることが求められます。そうすることで、無駄な時間をこちらの説明にかけることなく、医者からの見解という一番聞いたい部分に時間をかけることが出来るのです。とは言え、患者は不安な気持ちを抱えて病院に訪れているわけなので、患者の気持ちを和らげる、受け止めるということが前提として必要だと感じます。

↑PAGE TOP